初盆

DSCN0546.jpg
大変暑くむしむしした日が続きます。母、美代子の忌明法要も終え、初盆会合同法要式が八月十三日、西勝寺でありました。盆提灯を小森田洋子様から送っていただき、さっそく仏壇横に飾りました。
母の法名は、「法海院釈尼美穂」です。あちらから、こちらにきているのでしょうか。
お盆に合わせて、長男たいき夫婦が帰省。
タイにいるそうすけくんとフェイスタイムというものでお話。
DSCN0550.jpg
アイパッドからそうちゃんのりりしい姿。かっこよくなってきたね。
DSCN0545.jpg
そうちゃんもはいはいをしているそうです。先輩のゆりちゃんはソファーに自分でのってきて、立つ練習をしています。
時々、庭の方を指さすので、「みよこばあさんが来ているんだよ」とみんなが・・・。かもね。
その庭の奥の所に植えてあるブドウがなり、かよさんが収穫。
DSCN0551.jpg
けっこうな量です。久しぶりにワインを作ることになりました。
庭の他の所を見ると、記念植樹したミカンに実をつけていました。
DSCN0557.jpg
これはレモン。
DSCN0555.jpg
これは早生みかん。シークワーサーも実をつけています。
DSCN0554.jpg
これは、家の小屋で熟成させているしいたけの菌床です。ハウスに入れていた菌床がカビから腐敗してほぼ全滅状態ですが、こっちは順調です。九月末から発生準備に入り、しいたけじいさんになります。

今年も万燈祭に

今年も万燈祭に行きました。大変暑い日が続く中、雨乞いのお礼として始まったとの節もあります。一時期、けんか祭りとして荒れた祭りとして有名で、見学者も年々減ってきていましたが、近年、保存会、町内会の努力もあり、驚くほどの人が集まって来ます。万燈の製作や、担いで踊るステップ、ちゃらぼこの笛や太鼓・・すべてが向上しています。
昨年に続き、まごのゆりたちと出かけました。
DSCN0533.jpg
途中、義母さんたちと遭遇。
DSCN0535.jpg
すべての万燈を見ていきました。なにせ人が多いので、すぐにはぐれそうになります。来年はかよさんに頭にピカピカひかるものを付けようとゆかが言ってます。どれも出来栄えがよく、工夫がみられます。
この日は新楽で、町内や「人に魅せる祭り」。広小路通りで午後八時ごろより、全町一斉舞が始まりました。とても壮観です。万燈歴五十年以上のかよさんは有頂天。
DSCN0542.jpg
今日は、本楽で秋葉神社で神前舞があります。神にささげる雰囲気があり、おすすめです。
家でビールを飲んでから出かけましたが、途中で求めたビールのうまいこと。

オクラ、ゴーヤの収穫

暑い日が続きます。
農園では夏野菜が順調に収穫できています。きゅうり等は毎日10本以上とれます。オクラも収穫が始まりました。
DSCN0521.jpg
ゴーヤもとれはじめました。
DSCN0522.jpg
つい見逃すと、ぐんぐん成長してびっくりズッキーニになってしまいます。
DSCN0523.jpg
母の七日七日のおつとめをしています。
DSCN0518.jpg
今日、十六日、森原順郎夫妻がブラックベリーをもってきてくれました。あんずの手作りジャムなどもいただきました。ワンちゃんも連れて来ていて、フレンチブルドッグで名前がすずちゃん。とてもチャーミングなワンちゃんです。
孫のゆりとご対面。ちょっと固まったゆりでした。
DSCN0528.jpg
昨日、刈谷知立地区の選手権大会の剣道を見に行きました。長友君の息子が副将でがんばっていました。男女とも団体優勝は長友くんの朝日中学校が優勝しました。お父さんの姿とダブって見えました。

ジャガイモの収穫

ジャガイモの収穫をしました。天気予報が梅雨入りを告げ、雨マークがあふれていたので、少しあわてて収穫。
これは、キタあかり。たいへんよくできていました。
DSCN0512.jpg
このほか、デストロイヤーという品種(外側がやや赤い)もよくとれました。男爵とメークイーンはまあまあでした。
デストロイヤーの横に植えていたカボチャが育っていました。まもなく収穫できそうです。
DSCN0516.jpg
23日、碧南の文化会館に森原美紀子さんのアップリケの作品を見にかよさんと出かけました。作品づくりは八年目だそうですが、素晴らしい作品で年々質を高められています。
DSCN0511.jpg
DSCN0508.jpg
構図、色の配置がいいですね。
DSCN0509.jpg
DSCN0510.jpg

母、生ききり、逝く

母、美代子が九十二年の人生を生き切り、六月十八日、姉にみとられ、母らしく逝きました。
孫のたいき、ひ孫のゆりとも接し、姉たちともふれあい、親孝行のほんの少しのまねごとをさせていただいたのを見届けるかのように、おだやかに、息をひきとりました。
DSCN0472.jpg
先生に老衰と診断書を書いて頂きましたが、ぶれることなく、母らしく人生をまっとうしたんだと思います。
ここからは、怒涛の日々でした。
DSCN0487.jpg
ゆか、たいきの選んだ写真は母らしい笑顔をたたえています。ピンクのお部屋にピンクのお花、母に似合っているね。
多くの人が、通夜・葬儀に参列してくださいました。組の方はほぼ全員が来て下さいました。親戚の方々、それに私の大切な仲間たち。わんちゃん、あさのくん、けんくんが連絡をいれてくれ見送りに加わってくれ、とてもうれしかったです。
DSCN0493.jpg
老健かりやのスタッフの方々が駆けつけて下さり、母に声をかけていただきました。「美代子さんからいろいろ教わりました」と言っていただきましたが、人間らしく尊厳をもって接して下さったことに心より感謝です。
母が家に帰ってきたときと、通夜のあと、母の横で寝ました。通夜の後は、ビールを飲んで母の入っている棺桶を見ているうちにうつらうつら。朝方、ゆめをみていました。子どもの頃の夏休み、母がつくってくれた網で蝉取り・・・その後は何故かしら納戸で昼寝・・・その後はスイカ・・・・。
DSCN0476.jpg
母が煙になって空にのぼったあと、骨がのこりました。儀式が終わり、係の方が「喪主のかた、最後に一言」と言うので、
「かあさん、ありがとう」と言いました。
思えば、不祥の息子でありました。こども、まご、友達、地域の人たち、どかこでであう人たち、誰にでもやさしく笑顔の母でした。
母の弟さんも千葉から駆け付けてくれました。
父がむこうで迎えてくれているのでしょう。
なかよくやっていてね。
かあさん、あなたはとても優しく、思いやりがいっぱいでした。うっとうしいと思ったこともありました。ごめんなさい。
かあさん、ありがとう。素直でなかったね。
あなたが好きでした。
合掌の仕方がわからないけど、合掌。
プロフィール

FC2USER136619MZG

Author:FC2USER136619MZG
風にまかせて、わくわくるんるん。
刈谷の片隅で仲間と農園「遊」をやってます。
野菜作り、古代米作り・・悠々「祐」

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR